ホームページ / よくあるご質問 / 人気の科学コンテンツ /

ワークショップの鉄骨構造の建設安全作業とは何ですか?

ワークショップの鉄骨構造の建設安全作業とは何ですか?

更新時間:2020-09-11
現在、産業プロジェクトにおける鉄骨構造ワークショップの需要が高まっています。鉄骨構造のワークショップは、そのシンプルな構造、短い建設期間、高い利用率のために人々に好まれています。鉄骨構造ワークショップは、現在の標準的な建設業界では比較的完璧な建設方法です。施工工程はコンクリート構造と共通点がありますが、違いもあります。そのスプレーと設置、溶接と溶接作業はもっとあります。したがって、鉄骨構造ワークショップの建設安全性は重要なタスクです。鉄骨構造ワークショップの建設安全ポイントには、次の3つのポイントがあります。
1.建設前の安全予防と保証システム
事前に完全に準備することは、すべての成功した安全作業の始まりです。事前の適切な事前準備は、より少ない労力でより多くのことを行うという実際的な効果を超える可能性があります。管理者は、建設を開始する前に、建設スタッフに安全な建設の必要性を明確にする必要があります。建設現場に立ち入る厳格な労働者は、安全ヘルメットを着用する必要があります。安全ヘルメットを着用することに加えて、登山者は歩行者にも注意を払い、滑り止めと感電防止の靴を履く必要があります。
危険度の高い作業場については、目立つ防護標識と安全保護対策を講じ、常勤の人員を配置して世話をする必要があります。安全保護ネットは、二重層鋼構造ワークショップのコンクリート床の穴あき領域と自由表面に設置する必要があります。機械設備の設置を行う際には、まず産業設備や原材料をテストし、通常の動作仕様やモデルに適合しているかどうかを注意深く確認する必要があります。設置段階では、すべての吊り上げおよび巻き上げの指揮官およびオペレーターは、作業を許可される前に専門的な資格証明書を持っている必要があります。
2.足場段階での安全上の注意
足場の設置、適用、解体は、建設プロセス全体の円滑な開発に関連しています。足場構造がしっかりしている場合にのみ、高層建築の安全率を保証することができます。したがって、足場を設置する際には、建設計画の標準的な実施を厳格に実施する必要があります。足場サポートポイントシステムソフトウェアは、堅実で信頼できる標準に基づいている必要があります。大規模なサポートポイントの曲がりなどの固有の条件に遭遇した場合は、建設仕様の実際の運用基準に従って、独自の建設組織設計を確立する必要があります。
3.安全性と保護を持ち上げる鉄骨構造
吊り上げ段階は、鉄骨構造工学の建設管理方法における安全リスクの頻繁な段階です。持ち上げ工程は複雑で上昇操作に属するため、危険因子指数は比較的高くなります。したがって、その場でスタッフが登るためには、技術的な作業タイプのバッジとシリアル番号を備えたスタッフの個人ファイルも作成する必要があります。建設前の調査と訓練、安全常識の教育と試験の質問、シフト前の文化教育、労働工具設備登録フォーム、毎日の自己修正と自己検査、および現場に到着する建設労働者の相互検査フォームを実行します。予防意識のテーマ教育と比較的健全なスタッフ追跡システムソフトウェアによると、各段階の担当者がその場で各開業医の仕事の状況を明確に把握できるようにします。
Dalian Fuxin Guangsheng Trading Co.、Ltd。は2017年6月に設立され、独立した輸出入権を持っています。同社の事業範囲には、商品や技術の輸出入が含まれます。同社の事業所住所は、大連自由貿易地域、Shilili Street、Guangningsi Communityであり、現在9人の事業員がいます。会社設立以来、シンガポール、日本、ドイツで鉄骨構造製品の輸出事業を展開してきました。 SGD、JPY、USDの外国為替決済ビジネスを完了します。溶接構造部品、プレハブ建築、エンジニアリング機器、機械加工部品、金型の加工・製造をサポートします。製品の品質は安全で信頼性が高く、お客様に最高のサービスを提供することをお約束します。