ホームページ / ニュース / 人気の科学コンテンツ /

鋼構造ワークショップの防食コーティング

鋼構造ワークショップの防食コーティング

発表時間:2020-06-03
鉄骨構造ワークショップは、ファッショナブルなプラントエンジニアリングビルディングの1つであり、すでに多くの処理プラント会社で採用されており、適用プロセス全体で非常に優れた実用的な結果を達成しています。 鉄骨構造ワークショップには、シンプルな構造、短い建設期間、便利な分解と組み立て、高い稼働率、リサイクル性など、多くの利点があります。鋼構造ワークショップの長期使用では、相対的な防食コーティングを実施する必要があります。以下は、鉄骨構造のワークショップの防食コーティングのいくつかの重要なポイントの詳細な紹介です。
1.鉄鋼部品の防食塗装が終了したら、塗装の損傷を防ぐため、さまざまな側面から仮設メンテナンス構造と保護構造を設定する必要があります。
2.塗装後、鋼製部品は強風や雨天に覆われますが、粉塵や水蒸気が付着して塗装面の密着性に影響を与えないように覆う必要があります。
3.塗装された鋼製コンポーネントの場合、積み込み、荷降ろし、輸送の全プロセスの間に、パッケージングを使用して、コーティングへの衝突、引きずり、引っかき傷、およびその他の損傷を防止します。
4.塗装後の鋼部品は、コーティングの耐腐食性の要件に準拠している必要があり、酸性およびアルカリ性の液体に注意してください。
5.防食コーティング作業の作業環境温度については、コーティングの使用に関するコーティング指示の温度に厳密に従う必要があり、対応するスプレー式 防食および超低温コーティング原料を製造および処理用に選択する必要があります
6.温度が40℃を超える場合、コーティング作業を終了する必要があります。温度が40℃を超えると、ステンレス鋼板の表面に塗装する場合、気泡が発生しやすくなり、塗装層の密着性が低下します。
7.相対湿度が高すぎる場合、またはコンポーネントの表面に結露が発生する場合は、 防食コーティング作業、特にコーティングが剥がれる原因となる水性防食コーティングを実行しないことをお勧めしますコンポーネントの表面。
8.鉄鋼部材を製造する際には、構造バリアの加工など防錆処理ができない箇所を解決し、防錆処理、 防錆塗装を事前に行う必要があります。
大連復興光盛貿易有限公司は2017年6月に設立され、独立した輸出入権を有しています。同社の事業範囲には、商品や技術の輸出入が含まれます。当社は遼寧省で建設資格と設計資格を持つ大規模な近代的な企業です。同社は「科学的管理、安全な生産、品質と量の保証、そして誠実なサービス」という信条を堅持し、多数の鉄骨構造の性能と完璧なアフターサービスを備えた優れたサービスをお客様に提供しています。当社は、先駆的、実用的、革新的であり、鉄骨構造の輸入および輸出市場に基づいた一流の企業精神を目指しています。私達は顧客との双方にとって好都合なそして開発を追求しており、持続可能で優秀な企業の構築に努めています。